アトリエリフールベビーリングTOP > 

誕生石について

世界各国で誕生石は異なりますが、古来から「生まれ月が人の一生を支配する」と言い伝えられ、
また「宝石を身につけて魔除け1やおまじないに使う」ことも多く行われていました。
その2つが結びついて誕生石が生まれたとも言われています。
普通、誕生石は生まれた月の誕生石を常時身につけるという方法が一般的ですが、
その月々にその月の宝石を取り替えてつけるという方法も行われています。

  • 1月 ガーネット
  • 2月 アメシスト
  • 3月 アクアマリン
  • 4月 ダイヤモンド
  • 5月 エメラルド
  • 6月 パール・ムーンストーン
  • 7月 ルビー
  • 8月 ペリドット
  • 9月 サファイア
  • 10月 ピンクトルマリン
  • 11月 シトリン
  • 12月 タンザナイト

宝石ことば

貞節・真実・貞操(忠実)・友愛

宝石のメッセージ

貴方に忠実でいたい・変わらぬ思い
1月の誕生石はガーネット
プロフィール
ガーネットは通称「ざくろ石」といいますが、本来の語源はサンスクリット語の「疲れた」が、 ギリシャ語の 「年寄り」やラテン語の「粒や種」になり、ここから「種を無数につけたもの」という名詞に用いられ、 「グラーナトゥ」(ざくろ)という言葉が誕生しました。 これを英語で「ガーネット」と呼ぶようになったとされています。いずれにしても、 ザクロの真っ赤にはじけた実のイメージから、またその色から「ガーネット」の名前が 誕生したわけで、 日本語では「紅榴石(こうりゅうせき)」と呼ばれています。深い岩山の割れ目から顔を覗かせる 光景は、まさに宝のザクロです。
ストーンパワー
上質の赤ワインのように艶やかな輝きを放つガーネット。古代エジプト時代からお守りとして用いられてきた、 最も古い宝石の一つです。赤い石は昔から、血行をよくしたり、血を固める効果、また、兵士たちが流血を逃れる ために身につけていたなど、血にまつわるお守りとして使われてきました。 身につけている人をいつまでも変わりなく、 愛情と忠誠を尽くす石。肌身離さず身につけていると、持ち主の身を 守り、幸福をもたらしてくれます。 ただ、この石は持ち主の願い事を無条件に聞き入れ、貞節を誓う石ですが、 他の石に浮気をすると、その効果はたちまち消え失せるともいわれています。恋人の心移りが心配な人は、 ガーネットに願いをかけてお守りにすると良いでしょう。 また、コツコツとした地道な努力を実らせ、 成功へと導いてくれるパワーもある石です。
ベビーリングサイトマップ  │   アクセスマップ   │   会社案内  │   プライバシーポリシー  │   リンク
アトリエリフールその他のサービス   ブライダル(エンゲージ・マリッジリング)  │   オーダー・リフォーム  │   手作りファッションリング  │   ジュエリー修理